保育所不足が深刻になっている?

  保育所不足が深刻になっている?

 
 
 
 
 
 

地域の理解不足

保育園が地域で必要と思えば、地域を挙げて保育園誘致に動き出してくれるでしょう。しかし、地域によっては保育円ができることを喜ばしく思わないところもあります。実際に合った出来事ですが、都心部の閑静な住宅地で保育園ができることになり、保育士確保に向けて動き出していたのですが、地域住民の猛反対に合って保育園設立が中止となったのです。

閑静な住宅街では大部分の住民が高齢の方たちでした。子育て世代に対する理解不足が保育園設立反対に動いてしまったのです。昔であれば母親が子育てをすることが当たり前でした。母親が仕事の場合には祖父母が子育てをサポートしていました。高齢の世代の人たちから知れば、今の母親は自分が仕事をしたいから幼い子供を早い時期から預けて自己中心的だとうつっているのです。保育園ができてうれしいのは母親ばかりで子供には決して幸せなことではないという考え方を持っている人もいます。また、静かに暮らしたいのに保育園が来ることによって静かな生活が破壊されてしまうという不安感もあり保育所設立が中止に追いやられている現状があります。

高齢の人が勘違いをしている保育園のあり方を時間をかけて説明をすることで理解不足を解消することができるでしょう。反対する人は反対するだけの理由があるのです。




トップページ / 地域の理解不足 / 保育所設立地域を参考 /サイトマップ
Copyrightc2017 保育所不足が深刻になっている? All Rights Reserved.